LA PETITE PINACOTHEQUE-Epernay

En japonais〈日本語〉五月女 幸雄 経歴

五月女幸雄   

 1937年宇都宮生まれ。彫刻より出発し、インスタレーション、絵画とオブジェのコンビネーションなど実験的な作品を発表。(新制作協会展、読売アンデパンダン展、国際青年美術家展etc.)60~70年代は現代舞踊の舞台美術で活躍する。この経験は、後年の油彩作品「ホリゾント・ライト」「ザ・コンステレーション」「地球の日の思い出」などに反映されていった1969年、毎日現代美術展(東京都美術館)で「人間商品」を発表。人間そのものを展示したこの作品は話題になり、六本木自由劇場、渋谷スペース・ラボラトリー、1971年にはニューヨーク,ギャラリー・ジャニス・ロフトとシリーズ展開された。
こうした活動の中、折に触れて出かけていた九十九里海岸の光る海に魅了され、ひたむきに描いていたことが新しいヴィジョンを生み、平面絵画に向かうきっかけとなる。スーパー・レアリスムの時節、エアブラシが席捲する現代美術界において、筆と絵具にこだわり続けて描いた油彩作品は、第1回北関東美術家展・準大賞を受賞。第11回日本国際美術展(東京都美術館),第1回東京国際具象絵画ビエンナーレ(渋谷東急百貨店),第18回安井賞展(西武美術館)と続く。1975年、沖縄国際海洋博展「海を描く現代絵画コンクール展」(新宿伊勢丹)では優秀賞を受賞。同年パリのギャラリー・モランタン・ヌヴィヨンでの個展が実現する。東京日仏学院「新しい画家シリーズ‐五月女幸雄」の企画展など、これらを縁に1986年にパリへ移住。
サロン出品当初より注目を浴びる。

主な展覧会〈渡仏後〉
個展:カプラン・マティニヨン画廊 (1992年-1994年-1997年-2001年)
サロン・ドォトンヌ/ル・サロン‐銀賞/サロン・ナショナル・オルレアン‐大衆賞/コートダジュール国際絵画
大賞展‐準グランプリ/
シャトー・ベイシュベル国際現代芸術センター第1回招待作家展/サロン・デ・ボザール“海を描く”絵画展/エペルネ市主催 Yukio Saotomé展/
アート・ヴィヴァン国際絵画ビエンナーレ/メセナ&アート・ビエンナーレBASE ART/Art en Capital-サロン・コンパレゾン(運営委員
2006年、日本セクション創設)

・池田二十世紀美術館企画「五月女幸雄の世界・幻影の贈り物~フランスから」2001年9月30日~11月30日
・埼玉県立近代美術館企画「迷宮と幻影ー上村次敏・五月女幸雄」2003年11月15日~2004年1月12日


2010年、アトリエをシャンパーニュ地方・エペルネ(Epernay)に移す。
    Atelier La Petite Pinqcothèque 主宰                                             実在と幻想のあいだに‐五月女幸雄資料館